沙故居は、宜蘭の開拓の父「呉沙」が住んだ家として保存されています。

清国嘉慶元年、1796年になって福建人の呉沙が一群の移民を率いてこの地にやって来ました。それからしだいにこの地の開発が進み、やがて宜蘭県北部の拠点として、最初の町、頭城(頭囲)が拓かれました。

内部は開拓の歴史を学ぶ展示室になっています。

 

 

 呉沙

 

       現役の井戸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呉沙故居

  交通:

台北からは北迴線電車に乗り「四城駅」で下車。  徒歩10分
台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で礁渓降車。礁渓駅から区間車で四城駅へ。 徒歩10分

 

 

   GPS位置

   24°47' 16.60 N 121°45' 32.40 E


大きな地図で見る