宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

の沢温泉は、仁澤温泉と呼ばれていました。  大同郷土場村の緑なす山中にある仁沢はその昔、太平山の旭沢へ出るためのスタート地点でした。  海抜500メートルの高さにある鳩の沢は太平山森林遊楽区の重要ポイントのひとつであるとともに、自然生態に恵まれた観光スポットです。  日本統治時代から親しまれている温泉は「旭沢温泉」の名でも親しまれていました。

山の石の間から湧き出る温泉の温度は常に摂氏95度以上で、無色透明無臭の炭酸カルシウム泉です。 お湯は皮膚病によく効くといわれています。  入浴後は、肌がきめ細かくツルツルになりますが、少しもべたつかないことから、仁沢温泉は「温泉中の温泉」として称賛されています。

鳩の沢の魅力は温泉だけにとどまりません。 深い山奥という立地条件からもわかるように、周りはあふれんばかりの緑に囲まれ、芳しい花が咲き乱れ、小鳥たちが楽しそうにさえずる声も聞こえてきます。  近くで楽しめる「温泉卵作り」も、観光客の間で人気があります。 又、「温泉コンサート」などのイベントも催されます。

吊橋の鳩沢橋を渡り、広葉樹林の木陰にある歩道に一歩足を踏み入れると、そこは森の楽園、心行くまで森林浴を楽しむことができます。  歩道に沿って足を進めていくと、この渓谷の住人、クロヒヨドリ、シロガシラ、ヤマムスメなどに出会います。 川底が見える程透き通った渓流のそばでは、カワセミ、カワビタキ、ルリチョウ、カワガラスなどがさえずり、訪れる観光客の耳を楽しませてくれます。

 (アルカリ性炭酸泉 / 湯温 90~度 / PH 9)

 

鳩の沢に立てられているバス停の標識

 

遊歩道から外れて草むらなどに入らないように。  蛇や毒虫に噛まれるかも知れません。

 

 

鳩の沢温泉と森林浴

(2005年7月撮影)

交通
台北から台鐵電車で宜蘭駅下車。 タクシー利用。
宜蘭バスターミナル発、羅東バス・ターミナル経由で土曜、日曜、祭日のみ、一日一本太平山行きのバスが出ます。

宜蘭バス・ターミナル、朝9:20発、羅東、9:45経由でバスが出ます。 途中登山口で下車し入山券150NT$(往復割引有り)を買って同じバスに再び乗車し次の停車場、鳩の沢で降車します。  運転士さんに帰りもバスを利用することを告げて置いてください。 尚、登山口には昔材木を運んだSLが有りますが、停車時間が短いので、見学する方はバスの運転手さんと交渉した方がいいでしょう。  帰りのバスは太平山を15:30に出発するので、鳩の沢温泉には15:45分ごろ着きます。 最初で最後のバスなので遅れないように早めにバス停で待っていたほうが良いでしょう。

 自家用車で宜蘭から鳩の沢までは約1時間掛かります

 

GPS位置

 

24°32' 43.32" N 121°30' 31.57" E
大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved